【患者の声ろご】板橋区整体治療院ときわ台健康堂 
患者さんの感想やお問い合わせなどを公開します。ご希望の方はお声をお寄せ下さい。
顔写真付きも歓迎します。


Q  保険は利きますか?周囲の接骨院・整骨院などで利くのに何で利かないのですか?
A    整体は自由診療の為、保険は利きません。その代わりに自由度の高い高度な施術も考案実施でき、病院治療で難しい病症に対応する事も可能なのです。接骨院・整骨院の柔道整復師の施術は柔道整復術に許される保険適用範囲に限られていて、「骨折・脱臼・捻挫・打撲」の4種のみで、しかも、「急性」症状の「応急処置」に限られています。施術方法も法律で決められています。「加齢老化」を起因とする外傷や「慢性」症状においては保険適用外になります。「骨折脱臼」については「応急処置」に限定されます。当然、肩こりや腰痛は慢性内傷ですので保険適用外となります。それにもかかわらず、腰痛肩こり捻挫と称し、歪曲解釈を平然とまかり通し、外看板に表示までが放認されている現状は接骨院整骨院を急増させ、保険基金を詐欺まがいにも無駄使いさせている政治の不備が上げられる訳ですから、どうぞ、国会に陳情申し出て下さい。接骨院は最初、『骨つぎ』の看板を掲げていました。柔道整復術柔道整復方法接骨法)には整体に見られる骨盤・脊柱の骨格矯正経絡・つぼの考え・手法はありません。整体と接骨・整骨(接骨術)は施術方法も効果・効能も大きく違う事をご理解下さい。更には、当院は病院治療で治らない・カバーできない病傷を治しているのですから、そこら辺の事情をお考え頂ければ、必ずしも、値段が高いと言えるかどうか・・・。

 顎関節症ヘルニア腰椎狭窄症坐骨神経痛変形膝関節症アトピーリウマチ腫瘍・癌などの症状の治療を求めて接骨院整骨院を受診しようとするのは法律違反です。

  日本は昭和33年に国民健康保険法が施行され、国民皆加入健康保険制度になりましたが、米国はそうではありません。保険加入は個人の自由ですので、 国民健康保険というものはなく、通常は個人や会社で民間の保険会社に医療保険を契約していて、どこの 医療機関でも使えるかというと、そうでもありません。料金プランによっても受けられる医療が変わって来ます。医療機関で診断・治療を受けると代金は全額個人で払います。後日、保険会社に請求して支払代金を返してもらいます。

  ドイツで働いている日本人の方が一時、帰国されて、来院されました。当院の施術に保険が利くという。

  『保険の基本は自力では立ち直る事が出来ないような大きなアクシデントによる経済的な損害を相互扶助するものである。』

即ち、自力で立ち直れない出来事に、人が苦しんでいるときは人を助けてあげ、自分が苦しんでいる時は人に助けをお願いする相互扶助の精神です。ですから、自力で解決できるのに、何でもかんでも保険でという考えは正しくありません。打出の小槌ではありません。何でもかんでも医療保険で・・・は、社会主義経済がそうであったように行き詰まります。医療保険財政の赤字は年々、膨らむばかり。高々、肩こり・腰痛ごときのマッサージ慰安で国民健康保険適用は財政健全化の為に更なる見直し修正が必至であります。

Q  整体を保険でやってくれる接骨院もありますが・・・
A    整体カイロプラクティックを保険施術する事は法律違反です。接骨院での保険施術は柔道整復術接骨術)のみに認められていまして、柔道整復術と整体・カイロは手技療法でも別物です。柔道整復術には骨格矯正、骨盤矯正・経絡調整といった手技はありません。整体といっても幅が広くてその形態はさまざまです。法律では、ハリマッサージ柔整は国家資格になっていて、施術方法は法律できちんと定められています。それら以外の手技療法は整体に区分されます。カイロプラクティック・タイ古式マッサージ・足踏み療法・耳ツボ、足裏ツボ、インドのアーユルヴェーダーも整体に区分されます。接骨院で整体を混ぜて行う行為は違法混合診療に当たり、法律違反で、保険医療費の不正請求の温床になっています。

Q  私、腰と首が痛いので整骨院へ行きたいの・・・
A    整骨院を、整体を保険でやってくれる処と勘違いしているようです。整骨院は保険の利く整体院ではありません整骨院接骨院の事です。以前は「骨つぎ」という屋号を使っていました。整骨院の保険施術には骨格矯正整骨)はありません。現在は骨折患者の来院が皆無に等しいので、「接骨」の代わりに柔道整復術接骨術)の「」を取って整体院らしく院名に使用しているのです。この事は以前の骨つぎ接骨)屋さんに整体のイメージを被せて患者さんを惑わせています。何事も商売、商売ですから。

Q  カイロプラクティック保険取扱を看板に出している接骨院もありますが・・・
A    カイロプラクティック術や整体術は保険適用になりません。来院1回目は保険適用で、例えば、150円と言ったただみたいな通常料金で受け、2回目からはカイロ施術を勧められ5000円自由診療コースを10回以上支払うはめに、しかも、カイロ施術の料金表示は外に出していず、保険取扱の看板で集客し、5000円コースに誘う違法混合診療です。法律違反です
   当院にカイロで腰を悪化させたという患者さんが来院されましたが、施術は1回で終了しました。また、カイロで首を痛めたという患者さんも来られた事があります。

Q  OOの病傷は治りますか?
A    大抵の病傷は病傷名さえ分かれば当院の施術で治ります。ですが、症状や効き目は人それぞれですので、ご本人様を見て、更に、検査をしてみないと何とも申し上げられません。通常は2、3回施術をしてみて改善が見られない場合は治る見込みがないという判断をしますが、当院の場合は患者さんにご来院頂ければ、特殊な検査方法で施術前にどんな病症状であっても、治せるかどうかの判定をかなり正確に出す事ができます。治せないと分かった場合はその事をお伝えしています。ですから、予約して、ご来院頂き、検査を受けて下さい。諦めていた病気でも大抵の病気は、病傷名さえ分かれば、当院では治ります。但し、処方箋を出したり、痛み止めの薬を差し上げたりする事はできませんので、その場合は病院へ行って下さい。病院を通院しながら、当院の施術を並行させると、治療効果は、更に、パワーUPです。

Q  症状は何個まで治して戴けますか?
A    患者さんのあれもこれも治して欲しいというお気持ちは分かりますが、手技療法では同時に数多くの病症を同時に施術は時間的にも患者さんの治癒受け入れ容量から言っても無理です。普通は1回の施術で2症状までとお考え下さい。3症状を同時施術となると施術者の気持ちが散漫になります。1症状が治ったら、次回施術で未施術症状を加えるやり方になります。

Q  どんな服装で行けばよろしいですか?
A    どんな服装でも結構です。身軽な服装なら、なお、結構です。

Q  骨格を矯正するなんて、危なくて高齢者には難しくないですか?
A    当院の施術は無理やり、ゴキッ、ボキッ、ガクッ、バキッといった強制的な手法を取りません。必殺仕置き人のイメージとはほど遠い感じです。患者さんの気が付かない間に姿勢や体形を整えて行きますので、高齢者の方にも安心できます。女性のプロポーション改善にもお勧めですよ。ウェストキュキュッバストアップ猫背改善お顔の輪郭矯正。それだけじゃないんです。もし、お気になっているようでしたら、お肌も秘密の内に若返らせる事ができますよ。

Q  足つぼはありますか?
A    ありません。その必要がないので取り入れる気もありません。中国のホテルのロビーには外貨を稼ぐ為にベッドをズラーッと並べて、観光客向けに足つぼを行っている風景を見ます。一般の整体はベッドの周囲に1m幅の広い空間を必要とします。足つぼはベッドの患者さんの足側にたった1mの空間があるだけでいいので家賃の高い日本では取り入れられ、急速に広まりつつあります。骨格のずれから来る肩こり・腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛などの改善は経絡つぼ療法やはりでは治癒不可能です。
Q  耳つぼはありますか?
A    ありません。その必要がないので取り入れる気もありません。耳つぼダイエットに代わるもっと効果的な良いダイエット施術法が当院にはあるからです。

Q  何回ぐらいで治りますか?
A    通常は3回くらい施術をしてみないと予想はつきません。1回目は患者さんの症状・特質・体質・性質を知る為に全体的な施術、2回目は患者さんに合った局部への応用手技を適用、3回目は更に患者さんに必要な精選された手技の実践です。3回施術して効果が見られない場合は治せないと判断します。仮に予想を立て、その回数を患者さんにお伝えしても予想は予想であって、期間途中の経過事情で回数が変更になったり、予想が外れる事もありますので、お伝えする事は誤解を招く事になります。ただ、施術者として、おおよその事は掴んでいます。当院の場合は完治までの回数は他院に比べ非常に少ないと感じています。治療系整体院ならではの事でしょう。これがうっかり、癒し系の整体院に掛かってしまうと、何十回も通わされ、いつになったら、治療終了になるか分かったものではありません。目立つ宣伝費を掛けているとこや繁盛しているところは結構、そういうとこが多いのです。治療効果は患者さんの方にも大いに責任があります。施術を軽んじたり、治りたい意志の薄い場合、当院の施術は治療効果が著しく低下します。仕事とか用事の理由をつけて施術(治療)を引き伸ばした場合も症状が悪化し、完治するまでの必要施術回数は増えます。癒し系治療院を選択した場合は何回というものではありません。同業者の方が患者として来られた場合も施術効果が著しく低下します。接骨院鍼灸院を営んでいる方が患者として来院された事がありましたが、心におごりがあり、施術中に体を頻繁に動かしたり、『今、何やってるの。』と聞いて来たり。施術効果が著しく低下するのです。また、施術記録用紙にご住所・電話番号など連絡方法を記入されない方も施術効果が低下します。なぜなら、当院の施術は物理的な施術以外のものが多く含まれるからです。余談ですが、業の深い方も治りが低下すると考えた方が良いと思います。,

Q  次回はいつ来院すればよろしいですか?
A    施術後に痛みが残っているようだと、次回は1¥2、3日後に、更に術後、まだ、痛みが残っているようだと4、5日後に施術し、それで痛みが取れれば次回は1週間後に実施します。そして、また、1週間後に来院頂き、体調が良くなっていて、もっと伸ばしてもいいかなと思えば、次回は2週間後にしてみます。最近のデーターでは、2回目は4、5日後です。3回目はそれより間を開けます。最終的に3週間もの間を開けると、治療効果は失われます。ただ、言える事は痛みが出てるという事は体が治療を欲しがっている信号なのです。それを我慢、あるいは、放置していると症状はどんどん悪化し治療期間も長く掛かかり、必要施術回数も増えてしまいます。痛みのない病症でも状態が悪化しているなと患者さんが気づいた時は速やかに治療・施術を受ける事が早く、回数少なく治る事になります。施術で痛みを取っても、次回いつ痛みが再発するかの時期についてはだれも知る事ができません。私も予想してみましたが、外れる事が多い事が分かりました。一番よく分かるのは患者さん本人です。施術回数は痛みを出さない為に多い事に越した事はありませんが、患者さんの懐具合はいかがなものでしょうか?
板橋区整体院ときわ台健康堂【治療経過図】

    上の図は次の事を表したものです。痛みがあって施術を受けると痛みが消え、体調が良くなって行きます。ですが、体が治療を吸収仕切ると、体調は再び、悪化して行き痛みが出だします。その前に施術を受けると、また、治療を吸収して体調が良くなっていきます。治療を吸収し切ると、また、悪化し出します。ですが、悪化の速度は前よりはゆるやかになっています。そして、痛みの出る少し前に次の施術を受けると、体調が良くなり、もう、悪化しなくなって治療終了に至る様子を絵にしたものです。

次回施術日施術計画パターン
モデル1:   2、3、7、7、14、14、21、21・・・
モデル2:   5、7、14、14、21、21・・・
モデル3:   5、14、14、21、21・・・
モデル4:   4、7、14、21、21・・・
モデル5:   4、4、10、20、・・・
一般的には、施術の間隔が3週間を超えると治療効果は失われ、現状維持効果になります。施術効果が出ているのに中々、完治に至らないのは多くの場合、施術間隔が適切でないからです。
Q  猫背矯正は何回くらい施術を必要としますか?
A    猫背矯正は美容分野ですので回数は決まっていません。1、2週間に1回ずつ、骨格矯正の基本施術を受け、その都度、矯正具合を確認して、ご本人の満足がいけばそこで施術終了です。

Q  施術を受けて悪化しました・・・好転反応瞑眩反応
A    施術を受けると誰もが気持ちよくなり、体が楽になったことが自覚できます。しかし、時として、施術後に痛み・苦しみなどが逆に強く現れたり、症状が逆に悪化したように現れる事があります。慌てて病院で検査を受けても検査結果は異状なしと出ます。これは漢方で「瞑眩反応」と言います。瞑眩はメンケンとかメンゲンと呼びます。こうした反応は、体内に毒素を多く貯め込み、体質を悪化させている人ほど出ます。実は快方に向かう上での一里塚であり、この峠を越すと快方に向かい、日々闘病の苦しみから解放される事から「好転反応」とも言います。ここが踏ん張り処なのです。よく利く漢方薬ほどよく出ます。マッサージ・指圧・鍼灸でも好転反応は出ますが、即効性ある整体術のほうが特に強い反応となって現れます。高まったあなたの自然治癒力が長年蓄積されていた毒素を一挙に排除して根本から健康体になろうとして揺れ動いているです。ただ、反応は個人差があり1回の反応で終わってしまう人もいれば、数回反応が出る人もいます。日数的には、1回の反応で1〜5日、あるいは、1週間程続きます。いずれも時の経過と伴に収まっていきます。
   整体術では脊椎のズレ・歪みによる筋肉硬化を施術することにより、萎縮・硬直した筋肉が伸ばされ脊椎が矯正されます。それにより、血液・リンパ液等の流れがスムーズになり、神経の働きも活発になり、痛みなどをとる体制に成ったことを示す訳で、決して整体術を受けて悪くなったのではありません。反応が出た箇所に、冷湿布をして安静にしていれば反応は早く収まります。 いざ、反応が現れると体が悪くなったと勘違いし、施術をやめてしまわず、好転反応が出たとご理解ください。

   また、原因病症が複数重なっている場合もあります。1つの大きな病傷・病気が治ると、次の病症が出てくるケースです。この場合は残っている病傷・病気の為に新たな治療なり施術を開始する必要があります。

   整体の場合、骨格が揃っているのに、改善する前に症状が強く出るのが好転反応です。お気になる場合は再来院ください。まずは「どうしても治りたい、治して行く」という気持ちを強く持って頂き、痛みは私が責任を持って取り除きますので、痛みを恐れず前向きに頑張ってください。私も一生懸命頑張って施術をさせて頂きますので一緒に頑張って治して行きましょう。

Q  整体師が病気を治すのは薬事法に触れませんか?
A  ○○マガジンの編集部の方から上記のお問い合わせを受けました。回答はこちら

板橋区整体院ときわ台健康堂タグ
戻 る
 

広告は無料サイトを使っている為に出ます。

東京都板橋区整体院ときわ台健康堂公園木1
inserted by FC2 system